概要

当会について

私たちは、貴方の悩みや不安を取り払い、満ち足りた生活の手助けをする日蓮宗の団体です。

九識霊断法」と「倶生霊神符」を用いて悪い運命を除き、好転させます。

霊断法は一般的な占いとは違い、霊断師であれば、みな同じ指導が出来るという確実なものです。霊断師は日々研修を続け、お互いを切磋琢磨しております。

新日蓮教学

序分

インドに応現された釈尊は、“人界より仏界を現じられた”地球上唯一の仏の存在である。仏教とはその釈尊が体現された教えであると共に、我ら凡夫が仏になるための教えである。それは崇高なる釈尊の人格の中に、超人的な慈悲心を見究め、人類愛に目ざめ、釈尊の踏まれた人類救済の境地を生きることである。

宗祖 日蓮大聖人は、何れが真の仏法なりやと釈尊御一代の八萬法蔵を研鑽し、ついに法華経八巻に辿りつき、それを色読された。そして人間釈尊が開悟された寿量ご本仏とその教法を「妙法蓮華経」の五字に内鑑された一大秘法を基幹として末法における大衆救済の実践宗教を開かれた。

現代の大衆は常に明日の運命の不明に不安を感じずにはいられない。しかし寿量ご本仏は法華経に九識霊断法・倶生霊神符等救いの実際を内奥された。宗祖日蓮大聖人は一大秘法に密かにお示しになり、本会創祖 行道院日煌聖人がこれを顕に受け、世に公開した。

日蓮宗霊断師会は宗祖の開かれた道を創祖 行道院日煌聖人を通塞の案内者として踏襲する。

霊断とは、霊山浄土の霊と断疑生信の断であり、法華経に説かれた浄土である常寂光土は、仮空や非現実的な理想ではなく、我々の住んでいる地球社会の本来の相であることを信じ、法華経の信仰によって、寿量ご本仏のご守護を得て、本来の理想社会を建設する仏業である。

日蓮宗霊断師は九識霊断法の相伝を受けた日蓮仏教の布教家であり、日蓮大聖人の教義信條を直接大聖人に直参する立場に立って、南無妙法蓮華経のお題目を全人類に下種し、その道に共鳴する檀信徒を聖徒と称して組織し、共に間断なく教線の拡張をはかり、本門の戒壇建立の暁を目ざす。

霊断師も聖徒もお題目を受持し、信唱し、布衍し、実践する者は、寿量ご本仏の活現体として本化地涌の菩薩を生きることを胸中に燃火する日蓮仏教の教えである。

ページ先頭