活動

新型コロナウイルス感染症早期終熄祈願文「霊断師用」

「新型コロナウイルス感染症早期終熄祈願文」の例文を作成いたしました。盛運祈願会、朝夕の勤行などでお役立てください。

日蓮宗霊断師会
新型コロナウイルス感染症終熄祈願文

仰ぎ願わくは、令和の人衆疾疫難、新型コロナウイルス感染症すみやかに終熄ならしめ給え。
此の新型感染症に依りて不慮の死を遂げたる国内外二十三万余〔5月1日現在〕の精霊の冥福を祈念し、加療中各位の早期快癒を庶幾し奉る。
医療従事等関係各位に報恩感謝し、その安全無難を祈り願う。
夫れ人衆疾疫難は薬師経所説の娑婆世界の七難の筆頭にして、高祖日蓮大聖人、『立正安国論』に引かれ給いて警するところなり。人類の歴史は、これ感染症との闘いとも言いつべし。
我等が祖先は、不安、恐怖を超克し、尊きいのちを今に繋ぎ給えり。當世の我等も怯まず弛まず貴きいのちを久遠たらしめん。
高祖大聖人『師子王御書』に示して曰わく「佛法を信じて今度生死をはなるゝ人の、すこし心のゆるなるをすゝめむがために、疫病を佛のあたへ給。はげます心なり、すゝむる心なり」と。
更に『智慧亡国御書』に示して曰わく「大悪は大善の来るべき瑞相なり。一閻浮提うちみだすならば、閻浮提内広令流布はよも疑候はじ」と。
我等聖徒団、今こそ総和の大理想を掲げ、異体同心して四誓願を事のものとし、佛願満足佛業成就の至誠を現わし奉らん。
南無妙法蓮華経

-活動

Copyright© 日蓮宗霊断師会-公式サイト , 2020 All Rights Reserved.