活動 身延大会

日蓮宗聖徒団第49回全国結集身延大会

投稿日:

日蓮宗聖徒団第49回全国結集身延大会(4月19日~20日)が、日蓮宗総本山身延山久遠寺(内野日総法主)において開催され全国より76聖徒団850余名の聖徒が集った。

初日、日蓮大聖人のご廟所に参拝し、午後8時からは三門で竹燈籠が灯され唱題修行が営まれ、心ゆくまでお題目を唱えた。

翌日、大本堂では団旗観閲式、灯華香の奉納、納経奉告式に続き、髙佐日瑞首導を導師に大会法要が営まれ、最後に井上昭彦さんが力強く誓いの言葉を奉読した。

大会1日目

祖廟行事

20日午後1時55分、大乗文延副大会長の開会宣言ではじまった祖廟行事では、雨宮通仁ご廟所別当より歓迎の辞をいただいた後、司会の発声で主導ご一行を先頭に、全国各地から参集した聖徒団が整列し祖廟参拝が開始された。

参拝中は、小雨が降り続けているにもかかわらず、聖徒一人ひとりが途切れることなくお題目をお唱えし、祖廟拝殿において香を手向け、また献華台に花束をお供えするなど、大聖人さまに報恩感謝の誠を捧げた。

  
雨宮通仁別当     伊丹栄彰副大会長
ご廟所で参拝する聖徒

 

 

唱題修行

今年も午後8時より唱題修行が行われ、法要では永江尚幸副大会長が導師を勤め、千燈供養の灯籠が灯され、輝くお題目が浮かび上がる中、参加した聖徒の唱題が身延山に響き渡った。唱題中、導師・副導師による千燈供養申込者の読み上げが行なわれた。また、唱題修行に先駆けて、芝崎綾佳さん(宗圓寺聖徒)によるフルート演奏が奉納された。

永江尚幸副大会長

 

 

竹灯籠のデザイン配置は身延町商店街の皆さんのご協力をいただく

 

三門にての唱題修行のおり、千燈供養である竹灯籠に明かりが灯され、その先にお題目が浮かび上がる

大会2日目

団旗観閲式

大会2日目は団旗観閲式ならびに大本堂奉告式が執り行われた。髙佐日瑞首導による玄題発声ではじまり、身延山総務井上日修猊下の歓迎の辞をいただいた後、各聖徒団団旗の行進が始まった。続いて、身延山久遠寺法主・内野日総猊下による御経頂戴、日蓮宗宗務総長・小林順光猊下のご祝辞をいただいた後、法要が営まれた。草野法界会長のお言葉、聖徒代表による誓いの言葉と続き、最後に中里勝禮副大会長の弊会宣言で今大会は、幕を閉じた。

団旗観閲式で挨拶する髙佐首導(右から2人目)
井上日修猊下

 

大本堂奉告式

「来年の50回記念大会にもぜひお参りください」と草野法界大会長
導師を勤める髙佐日瑞首導
内野日総猊下の御経頂戴
小林順光猊下
中里勝禮副大会長

 

草野法界大会長の前で「誓いの言葉」を拝読する井上昭彦さん(神奈川県平塚市・法傳寺聖徒団(内山一明団長))
身延山大本堂のご宝前にて写経納経者のご芳名が、髙佐日瑞首導により読み上げられた

ご宝前に献上

献灯の儀

佐賀・幸龍寺聖徒団 半田久美子さん、大塚比晴さん

献華の儀

山梨・妙本寺聖徒団 五味由佳さん福岡・蓮教寺聖徒団 大坪由佳さん

献香の儀

京都・一心寺聖徒団 加藤ともよさん大分・親敬寺聖徒団 河野真央さん

納経の儀

日蓮大聖人さまのみ前にて納経を奉告

東 京・信養寺聖徒団 中村和代さん神奈川・妙昌寺聖徒団 小山幹雄さん神奈川・妙昌寺聖徒団 柴田正枝さん

縁の下の力持ち

大会期間中は、大会組織委員と補佐員の方々が一丸となり準備を進める。補佐員の方々は、表舞台に立つことはないが、大会を支えてくださるとても大きな存在、まさに「縁の下の力持ち」なのである。

 

綿密な打ち合わせをする補佐員

スナップショット

  
 
 
 
 
 
 
 

-活動, 身延大会

error: Content is protected !!

Copyright© 日蓮宗霊断師会-公式サイト , 2019 All Rights Reserved.