平成28年の月訓

日蓮宗聖徒団首導 髙佐日瑞のことばを毎月掲載します。

首導月訓 平成28年の月訓

首導月訓(平成28年12月)

◆宗教は祈りである。祈りとはかくありたいという願いである。かくありたいというのは欲である。だから欲を ...

首導月訓 平成28年の月訓

首導月訓(平成28年11月)

◆仏教の根本原理を三法印という。「諸行無常」「諸法無我」「涅槃静寂」の三である。前二法印は万古不易の ...

首導月訓 平成28年の月訓

首導月訓(平成28年10月)

◆仏教では、人生を「苦」と見る。この世、すなわち娑婆世界を忍土とする。 要するに、人生は、苦労するも ...

首導月訓 平成28年の月訓

首導月訓(平成28年9月)

◆日蓮仏教は、理証・文証・現証が揃った三証具足の法門である。理証とは道理・理屈に合うこと、文証とは経 ...

首導月訓 平成28年の月訓

首導月訓(平成28年8月)

2016/8/1    ,

◆この世の全ては、仏界から生まれている。仏界とは、完全なる理想世界であり、不可思議境であり、本体仏で ...

首導月訓 平成28年の月訓

首導月訓(平成28年7月)

◆貧乏が好きな者はこの世にいない。しかし、貧乏神に好かれる者はたくさんいる。欠けた茶碗を用いる者、汚 ...

首導月訓 平成28年の月訓

首導月訓(平成28年6月)

◆人間は欲の塊である。性欲があるから子孫が繁栄する。物欲があるから家業に精をだす。名誉欲があるから尊 ...

首導月訓 平成28年の月訓

首導月訓(平成28年5月)

◆信仰は、神秘を体験しないとなかなか開眼しない。神秘とは霊験である。人智の及ばない問題や、人力のなし ...

首導月訓 平成28年の月訓

首導月訓(平成28年4月)

2016/4/1    ,

◆子供のうちは、親が育てる。大人になれば、自分が自分を育てる。それが自然の掟である。育てるとは、美質 ...

首導月訓 平成28年の月訓

首導月訓(平成28年3月)

2016/3/1    , , , ,

◆人間の幸福を破壊するものは、貧乏、無知、懈怠(けたい)、邪慳(じゃけん)、病気、そして災難である。 ...

error: Content is protected !!

Copyright© 日蓮宗霊断師会-公式サイト , 2019 All Rights Reserved.