聖徒団信仰Q&A

聖徒団信仰Q&A〈第4回〉大会の意義

質問ちゃん
問 全国結集身延大会の意義について教えてください。 東京都 60代 男性)
お答え上人
答 今を去ること56年前、昭和40年6月6日、聖徒団初代首導行道院日煌聖人のもと、日蓮宗聖徒団全国結成身延大会が開催されました。
聖徒団を、有機的な一つの組織体とすることを目的としたので、「結成大会」と称しました。翌年からは、毎年「結集大会」が開催されて来ています。
大会の意義は大きく二つあります。
第一に、全国の聖徒団が団旗を奉じて結集し、総和の大理想を現実の姿として顕すことです。
自らの信心を深めるとともに、お題目の信仰に精進する異体同心の実際を示し、同信同行の輪を広げ、広宣流布へと繋げます。総和の輪を拡大し、自他彼此の心を結び合って、未信の人へも祈りを伝え、一人でも多くに倶生霊神符を着帯するようにし、大聖人さまの「立正安国」のご理想を具現して世界中の人びとと共に手を携えて全人類が幸福になる道を歩むことを誓うのです。
第二に、祖山に参集し、祖廟を参拝して、高祖のご神霊に信行を奉告し、報恩感謝の誠を捧げることです。
 「日蓮が弟子檀那等は此の山を本として参るべし。此れ則ち霊山の契りなり」(『波木井殿御書』)。
祖山、祖廟を中心にした信仰の重要さは、この聖文に端的に記されます。寿量ご本仏への祈りは、祖山を元とする信仰によらねばなりません。仏願満足仏業成就の信仰の喜びを自身で再確認し、それを分かち合うのに、聖地身延ほど適切な場所はありません。
但し、実は、聖徒団の結集という目的だけで言えば、一人でも多くの方の参加が望ましいので、身延山でなくともよいのです。将来、聖徒団が百万人を越える団体となれば、身延山では集まり切れなくなります。そうしたら、例えば、全国結集日本武道館大会を開催し、身延大会は、京浜結集などの地方大会としたり、各地方の代表者大会とすることになりましょう。その日の早からんことを祈り、今年も身延に集いましょう。

-聖徒団信仰Q&A

error: Content is protected !!

Copyright© 日蓮宗霊断師会-公式サイト , 2021 All Rights Reserved.